家系ラーメン,豚骨醤油,豚骨,鶏がらカツオ節,魚介系,和風,あっさり,  大好きなラーメンの画像や感想等でおいしいラーメンをいっぱい紹介していきたいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本牧家

1999年11月に発祥の地である本牧からこの場所に移転した。

上永谷駅からだと環状線沿いにかなり歩くことになる。

到着時には行列ができていた。
店内は広く厨房を囲むようにカウンター席がある。

スープは創業以来の元スープを注ぎ足して使っている。

コッテリしていながらも背脂とラー油を一切使っていないために胸やけしないと評判のスープ。

トンコツと鶏ガラ、上質な豚のアバラの割合、火加減、ガラを抜くタイミングなど細心の注意をはらう。

醤油ダレは煮込んでから数種類の隠し味を加える。

麺は横浜家系の店が好んで使う「酒井製麺」製の特注麺を使用。

ラーメン(並)を注文。濃厚な豚骨スープ。

麺はコシがあって味も食感も申し分ない。家系らしくチャシュー、のり3枚、ほうれん草といった具がのる。

家系では珍しく期間限定で塩ラーメンをメニューに加えている。

駐車場も広く12台分あるので車で行くことをお勧めする。。「寿々喜家」など数多くの弟子を輩出している。
スポンサーサイト
吉村家

総数200軒を超える横浜家系ラーメンの総本山がここ「吉村家」。

経営者はラーメンでビルまで立てた吉村実氏。

創業の地である新杉田から1999年に横浜のこの地に移転した。

店内は厨房を囲む長いカウンターが伸びている。
厨房内では店員達が気合を入れてラーメンを作っている。

1日に使う鶏ガラが500羽、豚骨は1トン。

毎日ラーメンを1500杯以上を売りさばくというから驚きだ。

注文するときに脂の量、麺のかたさ、味の濃さを注文できる。

ラーメンは言うまでも無く豚骨醤油味で極太麺がバランスよく絡む。

チャーシュー、ほうれん草にのり3枚が具としてのる。

カウンターにはコショウや刻み生姜などの薬味が置いてある。

おもしろいのは北海道産の行者ニンニク。

俗にいうアイヌネギで殺菌効果が強く体も温まり血液もさらさらになるそうだ。

この店には行列覚悟で食べに行ってもらいたい。

行列店を訪問するなら雨の日がねらい目。

創業の地である新杉田ではお弟子さんが「杉田家」を開いて伝統の味を守っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。