家系ラーメン,豚骨醤油,豚骨,鶏がらカツオ節,魚介系,和風,あっさり,  大好きなラーメンの画像や感想等でおいしいラーメンをいっぱい紹介していきたいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旨いらーめん喰堂えにし

恵比寿駅西口にある魚介系の和風だしが特徴的なラーメン店。

店頭の白いちょうちんが目印。
カウンター席だけの店内。初代から引き継いだ2代目の若い店主が作り上げたスープはカツオ節、煮干、昆布、干し椎茸などのダシの素材自体の旨味が凝縮されている。

醤油ダレは天然醸造の濃口醤油を使って味わいに深みを出している。

化学調味料は一切使わないが特徴。
スープ表面には独自開発のアンチョビ油を浮かせる。

えにしらーめんを注文。麺は中細ちぢれ麺。
肩ロース肉を使った厚切りのチャーシューは初代から受け継いだタレでじっくりと煮込まれたもの。

らーめんでも2枚のっているのは嬉しい。
他に具としてメンマ、青菜、刻んだ薬味ネギが少しだけのる。

五島灘の塩を使った「特しお」には鶏ささみ肉がのっている。お弟子さんの店である「とくや」が駿河台に開店した。
スポンサーサイト
支那そば勝丸

ラーメン激戦区の目黒に店を構える東京ラーメンの名店。

屋台からはじめた店は今や「新横浜ラーメン博物館」にまで出店する東京ラーメンを代表する有名店となった。

店内はでカウンター席だけでアンティークなラジオやプレーヤーが飾られて落ち着いた雰囲気。

味は醤油、味噌、塩、醤油と塩のミックスの4タイプを用意している。

スープは煮干し、昆布、豚骨ベースで和風ダシがきいたスープに仕上げる。

看板メニューの醤油味の支那そばを注文。
深い濃い色のスープにメンマ、ノリ、チャーシュー、鳴門といった正統派の具がのるスタイル。

煮干し主体の和風ダシを強く感じる。
スープ表面には薄っすらと背脂が浮かぶ。

醤油ダレは天然醸造の濃口醤油を使う。麺は弾力のある中太の平打ちのちぢれ麺。

チャーシューは鹿児島産の黒豚のモモ肉を使用。
チャーシューメンだと肉厚でジューシーなチャーシューが5枚ものる。

メンマも自家製。都内では「蒲田店」、「六本木ヒルズ店」が営業している。旗の台の「支那そば勝味」はお弟子さんの店。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。