家系ラーメン,豚骨醤油,豚骨,鶏がらカツオ節,魚介系,和風,あっさり,  大好きなラーメンの画像や感想等でおいしいラーメンをいっぱい紹介していきたいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中華そばすずらん

この店を紹介するガイドブックを見ると西川口の「吉泉」を思わせるつけそばだったので訪問することにした。

店頭は白い壁に紺色の暖簾がかかっている。清潔感のある店内はコの字型のカウンター席だけで中が厨房になっている。

カウンターに置かれた水差しには炭が入っていた。
スープには鹿児島産黒豚のゲンコツや丸鶏を使った清湯スープとカツオ節や煮干しから取った魚介系スープを合わせるダブルスープ方式。

醤油ダレには濃い口醤油を使う。店内の壁には「鹿児島・宮崎県産名物豚使用自家製チャーシューメン角煮そば」と大きく貼られている。右のようにメニューは豊富でつけそばが看板メニューのようである。

つけそばは大盛まで無料のサービスがある。麺はモンゴル産のかん水を使い、卵をつなぎに使った自家製麺。

平打ち麺は幅が1cm以上あるきしめんのような麺。

100円増しで平打ち麺を注文することができる。
野菜つけそばを普通盛りで注文。もやし、キャベツ、ニラといった野菜をサッと炒めてからつけダレの器に入れられるがその量に驚いた。

かなり大き目の器だったがその中は野菜で埋め尽くされていた。スープはつけめんタイプの甘辛酸っぱいタイプではなくすっきりとした醤油味でやはり「吉泉」タイプのつけダレだった。

表面の脂はやや大目。つけダレの中にはメンマと細切りチャーシューが沈んでいる。麺は普通盛りだと200gくらいの量の冷した太麺。

水切りも丁寧でしっかりとコシを残している。
つけダレの器に入れると野菜で見えなくなってしまった。

しかしながら野菜、麺、スープのバランスは大変良いと感じた。
野菜のおかげで普通盛りでも結構満腹感がある。

野菜の甘味がスープに染み出してるのでスープ割のサービスは必要ないかと思ったがメニューにサービスが書いてあったのでお願いしてみた。

残ったスープに魚介系スープだけを足して薬味ねぎをのせてくれた。魚を感じさせるスープでさっきとは違う味わいに充分満足できた。次の客もやはり野菜つけめんを注文していた

人気メニューのようである。中華そばは透明感のある醤油スープで麺は中細ストレート麺を使っている。次回は食べてみたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raamenman.blog90.fc2.com/tb.php/35-16a10584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。