家系ラーメン,豚骨醤油,豚骨,鶏がらカツオ節,魚介系,和風,あっさり,  大好きなラーメンの画像や感想等でおいしいラーメンをいっぱい紹介していきたいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せたが屋雲

品川駅京浜急行高架下にできた「品達」を初めて訪問する。

「麺達七人衆」と銘打ったラーメンアミューズメントパークである。

「くじら軒」にに続いてこの店を訪問することにする。

環七沿いの行列店である「せたが屋」がここに出店している。

入口で食券を買うシステム。
店内は丸いテーブル席が5つと店の外にテーブル席が二つある。

ここのラーメンの特徴は醤油でも塩でも味噌でも豚骨でもないソースをダシに使ったスープ

構想から3年をかけて完成したそうである。
このソースは10種類の新鮮な野菜がベース。

鳥取の大山鶏や国産豚のゲンコツからとったスープと小鍋で合体させる。

チャーシューは国産豚のバラ肉を茨城牛久の二年木桶熟成醤油と野菜、フルーツで煮込む。

小さな角切りにして大きな中華鍋で焼くことで余計な脂を落とす。

ラー麺(あっさり)を注文。あっさりといっても充分にこってりしたスープでなんとも変った味わいである。

確かにソースかなと感じさせる。さらに味を濃くしたい方はカウンターに置かれたガツンソースを加えればよい。

麺は中太の平打ち麺でスープが絡むように加水少なめにしている。
チャーシューは焼かれているので香ばしさがなかなか良い。小松菜、のり、薬味は刻みネギがのる

環七の「せたが屋」とはかなり違う方向性のラーメンだった。

「品達」を訪問するとこの店の名前から「雲」が取れていた。

本店の「せたが屋」と動揺のメニュー構成に変えたようである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raamenman.blog90.fc2.com/tb.php/37-aad95479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。